ロボアドバイザー「THEO+[テオプラス]新生銀行」新手数料体系
『THEO Color Palette(テオ カラーパレット)』2019年7月スタートのお知らせ

日頃から「THEO+[テオプラス]新生銀行」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年7月より「THEO+[テオプラス]新生銀行」に、お客さまの長期的な資産形成を後押しする新手数料体系『THEO Color Palette(テオ カラーパレット)』を導入いたします。お客さまのご利用状況に応じて、通常1.0%(年率・税別)の投資一任運用報酬手数料を最大0.65%(年率・税別)まで引き下げます。

なお、『THEO Color Palette(テオ カラーパレット)』は預かり資産の時価評価額3,000万円以下の部分が対象です。時価評価額3,000万円を超える分に係る手数料は0.5%(年率・税別)です。

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)概要

内容

積立および出金の実績と各カラー基準額に応じてお客さまの「カラー」を決定し、カラーに応じて運用期間中の手数料の引き下げを行います。

カラーについて

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)概要
  • *1手数料は年率・税別
  • *2カラー基準額=運用開始から対象期間内の各月末までの入出金総額の平均(判定期間3ヵ月の平均)

カラー適用条件

  1. 毎月積立をしている
  2. 出金をしていない
  • 運用開始から対象期間内の各月末までの入出金総額(入金総額-出金総額)を3で割った金額
    [例]対象期間Bの場合:(運用開始から7月末までの入出金+運用開始から8月末までの入出金+運用開始から9月末までの入出金)÷3
  • キャンペーンなど、当社からのプレゼントは入出金総額に含みません
カラー基準額の例
カラー基準額の例

対象期間

  • カラー判定期間
    A(4月、5月、6月)、B(7月、8月、9月)、C(10月、11月、12月)、D(1月、2月、3月)の4期間
  • 新手数料適用期間:判定期間最終月の翌々月より3ヵ月
    例:カラー判定期間B(7月、8月、9月)の場合、新手数料の適用期間は11月、12月、1月となります。

新手数料体系開始時期

  • カラー判定期間:2019年7月開始
  • 新手数料適用期間:2019年11月から

新生パワーダイレクト
インターネットバンキング

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設
  • 株式会社新生銀行
  • 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号
  • 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会