個人番号(マイナンバー)

2022年1月4日(火)(効力発生予定日)新生銀行の投信口座および新生証券の証券口座がマネックス証券へ移管されることに伴い、当行グループにおける年内のお手続きを一部制限させていただきます。
詳しくは、「新サービス移行に伴う主なスケジュール」をご確認いただき、サービス利用停止期間にご留意いただきますようお願い申し上げます。

2016年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続に個人番号(マイナンバー)が必要となりました。
これに伴い、税分野での所定のお手続きにつきまして個人番号(マイナンバー)のお届出をお願いすることとなります。

銀行取引においては、個人のお客さまの場合、投資信託などの証券取引全般、マル優などの非課税制度のご利用、海外送金を行う際などに、個人番号(マイナンバー)のお届出をお願いしております。
また、当行では2018年1月より、個人番号および個人番号をその内容に含む個人情報の利用目的に、「預貯金口座付番に関する事務」を追加しています。
このため、2018年以降、新たにお取引を開始されるお客さまや個人番号(マイナンバー)のお届けをいただいていないお客さまには、個人番号(マイナンバー)のお届出をお願いさせていただきます。
その際は「個人番号カード」または「通知カードおよび運転免許証などの本人確認書類」などをご提出してください。

【マイナンバーのお届出についてのお願い】
法令により、2022年1月1日以後最初に投資信託などの売却益・分配金、利息などの支払いを受けるときまでに、マイナンバーを届け出ることが義務付けられています。

(ご参考)全国銀行協会ホームページへのリンク

個人番号(マイナンバー)のお届出に必要な書類は、こちらからご確認ください。

マイナンバーはインターネットバンキング(新生パワーダイレクト)の「登録情報の確認・変更」メニューからお届出いただけます。

新生パワーダイレクトで登録住所を変更(■ログイン)

詳しくはマイナンバーの届け出 お取引操作ガイドをご確認ください

個人番号(マイナンバー)のお届出をお願いする主なお手続き

被仕向送金(新生銀行への送金)

事前に個人番号(マイナンバー)のお届出が必要となります。個人番号(マイナンバー)のお届出がお済みでないお客さまには海外からの送金があった場合は、郵送で「個人番号ご申告のお願い」をお送りしております。

海外からの送金をお受け取りになるご予定がある場合は、お早めにお手続きいただきますようお願いいたします。

  • 個人番号(マイナンバー)のお届出は、初めて海外へ送金するまたは初めて海外からの送金を受け取る場合にのみ必要となります(都度お届出いただく必要はございません)。また投資信託口座、もしくはFX口座をお持ちですでに新生銀行に個人番号(マイナンバー)をお届けのお客さまは、再度のお届けは不要となります。

被仕向送金(新生銀行へ送金)について、詳しくはこちらをご覧ください。

新生パワーダイレクトで簡単にお手続きいただけます。

新生パワーダイレクトで登録住所を変更(■ログイン)

詳しくはマイナンバーの届け出 お取引操作ガイドをご確認ください

仕向送金(新生銀行からの送金)

「Goレミット新生海外送金サービス」をご利用のお客さまで、個人番号(マイナンバー)をご提供いただいていないお客さまには、個別に個人番号(マイナンバー)のご提供をお願いさせていただきます。

2022年1月1日以降、個人番号(マイナンバー)をご提供いただいていないお客さまは、Goレミット新生海外送金サービスをご利用いただけませんのでご注意ください。

「Goレミット新生海外送金サービス」のお申込時に個人番号(マイナンバー)のお届出が必要となります。詳しくはこちらをご確認ください。

新生パワーダイレクト
インターネットバンキング

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

お近くの店舗で無料相談