投資信託
投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

新生銀行(投資信託)「電子交付サービス」および新生証券「WEB利用」を登録されているすべてのお客さまにおいて、2022年1月以降の報告書等の交付が「郵送」となります。(「電子交付サービス」および「WEB利用」登録はすべて解除となります)2021年12月31日までに提供された電子交付対象帳票については、引き続きご覧いただける予定です。
なお、引き続き電子交付サービスをご希望のお客さまには、マネックス証券への移管後すぐに(2022年1月4日以降)「電子交付サービス」をご登録いただける準備をしておりますので、改めてご案内させていただきます。

電子交付サービス

「電子交付サービス」とは、投資信託のお取引の都度送付されていた報告書等を、インターネットバンキング上でいつでも、すばやく閲覧いただけるサービスです。

インターネットバンキングにログインすれば、取引報告書などを、郵送されるよりも早くご確認いただけるほか、書類を整理保管する必要がない、便利なサービスです。是非ご登録、ご活用ください。

投資信託「電子交付サービス」はここがスグレモノ!(ご登録、ご利用は無料です)

すばやく確認できる

すばやく確認できる

たとえば投資信託の購入後に交付される「取引報告書」は、約定日の翌日以降から閲覧が可能です。

保管不要!

保管不要!

原則として各書面の作成日以降5年間保存されますので、管理が簡単です。

セキュリティー面も安心!

セキュリティー面も安心!

送付物での受け取りがなくなります。紛失や第三者に見られる心配もありません。

※特定口座年間取引報告書、運用報告書、支払通知書は送付されます。

エコライフ!

エコライフ!

ペーパーレス化で、省資源にもつながります。

電子交付サービスのご登録・閲覧方法

電子交付サービスのご登録手続きはインターネットバンキング(新生パワーダイレクト)から簡単に行えます。

新生パワーダイレクト

ご登録手順をみる
パソコン版スマートフォン版

閲覧方法をみる
パソコン版スマートフォン版

↓ログインはこちらから

ログイン

電子交付となる書面と閲覧可能時期

対象書面

閲覧可能時期(目安)

投資信託
取引報告書

約定日の翌日以降の閲覧が可能

投資信託
取引残高
報告書
ご投資状況
のお知らせ
(トータル
リターン
通知)

3、6、9、12 月末の基準日で作成し、当該基準日の翌々日以降の閲覧が可能(お取引や収益分配金再投資などが無い場合は、12月末の基準日で作成し、当該基準日の翌々日以降の閲覧が可能)

投資信託
償還金の
ご案内

償還日の翌日以降の閲覧が可能

上記レポートは、PDFファイルで提供します。電子ファイルで5年間閲覧可能な状態で保持されます。

  • 特定の対象書面のみを電子交付することはできません。
  • 特定口座年間取引報告書、運用報告書、支払通知書は送付されます。

新生パワーダイレクト
インターネットバンキング

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

お近くの店舗で無料相談

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:
平日・土曜 8:30〜17:30

  • 土曜は各種照会サービスのみ